読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8Doors to W650

W650とキャンプと仏車 <<<子育て中につきペースダウン

バッテリー交換

ネットで注文したバッテリーがきたので、早速交換。

金曜日の夜に注文して、充電してもらって日曜の午前中に到着。

はえー。

よく言われる整備性が悪いってのは本当で、

バッテリーがタンク下にあります。

普通のバイクはシート下にあることが多いため、シートを外すだけでいいんだけど…

カウルを外して

タンクカウルの下にアルミタンクがある

タンク左側の固定ボルトはエアダクトの裏側にあるけど、

これはホースを外すだけでなんとか回せました

ここまで、タンクカウルのビスが5×左右で10本。

外側はプラスドライバー、内側のフロントカウルとの固定部は3mmの六角レンチで。

ほんとは数が多くてボルト外してくのもめんどくさいはずが、

なんと!ジャンク車両のため、幸か不幸か半分ぐらいしかなくてけっこう楽でしたw

タンクの固定ボルトは5mmの六角レンチで左右一本ずつの2本。

ジャンク車両のため、いろんなとこがジャンクで

左のGS YUASAが旧、SUPER NATTOが今回仕入れたモノ。

スーパー納豆…

純正は19Ahなんだけど、これまで入ってたのは16Ah.

さらにバッテリーの下に謎のプラケースが挿入された状態で装着されてたw

バッテリー液も半分ぐらいしか入ってないし、

もしかしたら液いれて充電したら使えるのかもしれないけど、

スペックが違うためやっぱりサヨナラしました。

んー。魅惑のジャンク車両。

タンクは外さなくてもなんとかバッテリー抜けて、

ただし、この時点でジャンクの恐ろしさが。

旧のバッテリーが、本来のプラスとマイナスの端子が逆側だったようで…

バッテリーにつなぐ配線を逆にしてるのに気付かずに付けたら、

バチバチっ

って下の方から白煙と、溶けたビニールの匂いが…

オワッタ…

と思ったけど、とりあえずバッテリー繋ぎ直したら普通にエンジン掛かった。

でも怖いなー。

どこが溶けたんだろう。

でも今日のところはエンジンも掛かったし、とりあえず元に戻して試乗して終了。

ただし、電圧が規定のモノになったおかげか、

ABSのランプは消えたし、なんか乗りやすくなったのは気のせいじゃないと思う。

とりあえず、要監視。

今回、FANATIC AIRLINESさんのBlogを参考に作業させていただきました。

ありがとうございました。

また、仕入れたバッテリーはこれ。ものすごく早かった。

http://www.nanshin.net/battery/cycleproducts/supernatto/12sn18bmw.html