8Doors to W650

W650とキャンプと仏車 <<<子育て中につきペースダウン

北海道子連れ旅行2019夏

待ちに待った入社10年のリフレッシュ休暇です。

 

ちょうど第2子が昨年7月末に生まれて嫁さんも育休中のため、

またとないベストタイミング。

ただし、4歳&1歳の子供を連れているので、遊ばせながら1週間ぶらぶらできる必要があります。

 

この日のために、何か北海道に関するものはないかと探した結果、アイヌ関係か?と「ゴールデンカムイ」を入手してイメージを膨らませてきました(実際は全然違った)

ヒンナヒンナ。

 

 

初めての新日本海フェリー。(舞鶴↔小樽)

f:id:kazapari:20190804231415j:plain

新日本海フェリー

 

GWに帰りのみ、仙台~名古屋の「太平洋フェリー」使ってみたんだけど、これがとっても快適。特に個室必須。

金曜夜出発~翌々日曜の北海道7泊9日のフルコースですが、

結局フェリーは22hr乗っているので十分休憩になるだろうと思ったら、

案の定、大型船で揺れもほとんどなく、安楽な航海でした。

f:id:kazapari:20190804231159j:plain

2019北海道旅行(子連れ)

 ちなみに大学4年の夏休みに、高校・大学と一緒に過ごした親友たちと3人で、バイクでツーリングしたこともあります。

(確かキャンプメインで11泊。経路は一部定かじゃないけど、だいたい起こしてみました)

f:id:kazapari:20190804231243j:plain

2005年3人ツーリング

 

 

今回は、子連れで行ってよかった観光施設を列挙。

1.夕張市石炭博物館 

ここはとっても良かったです。6月~11月初旬の開館。

ただ、昨年展示の炭鉱で火災があったらしく一部見れなくなってしまったようで、入館料も1000円→700円(税抜)となっていました。

国道から博物まで、びっくりするほど廃墟の中を進むと、博物館らしき建物がありますが、廃墟ではないかと疑いますが大丈夫です。

中身はけっこう今風でおしゃれだし、ギャップにビビります。

展示自体は素晴らしい。北海道開拓&炭鉱史の栄枯盛衰がビシバシ伝わってきます。

 

2.富良野のファーム富田 

ラベンダーといえば 、のファーム富田。超絶有名スポット。

2010年頃に大学空手部の友人と2人で来たことがあるので2回目です。

まあ、お花畑です。

駐車料金&入場料ともに無料ですが素晴らしい。けど、ハイシーズンは激混みかも。
f:id:kazapari:20190815170917j:image

 

3.美瑛の色彩の丘 

美瑛らしい丘の連なる景色がみられ、園内にはきれいに花が植えられています。駐車場500円、入場料無料。(個人経営のため募金箱あり)

景色を見るのもいいですが、ここはトラクターが引く幌馬車風の乗り物に乗るか、レンタルバギーがありました。次回はぜひこれを目当てに行ってみたい。特にバギー!

f:id:kazapari:20190815170943j:image

 

 

4.ノーザンホースパーク

実はここも2回目です。

小学生400円、中学生以上800円。

競馬で超絶有名な社台ファームの関連の観光牧場です。

食事もでき、ポニーショー、乗馬体験(引き馬)、馬車等楽しめます。我々は馬車と乗馬しましたが、とても楽しかった。引退馬も幾らか居りましたが、僕が知ってるほど有名な馬はデルタブルースぐらいでした。

 

ちょうど30周年記念の真っ最中。 



 

 

5.ばんえい十勝競馬場

競馬といえばサラブレッドですが、北海道には ばんえい競馬(ばんば馬)も。

体重がだいたいサラブレッドの2倍あって、深めの砂の馬場を障害物(山を2つ)超えるレース。

一気に走り切るわけではなく、途中で泊まって休み休み行くのを知らなかった。(STOP & GOだそうです)

レースそのものは見たことがなかったけど、実は実家の隣の家(同級生もいる)がばんば馬を飼っていて、毎日夕方に家の周りでソリ引かせてた。

馬券買ったのも10年ぶりくらいだろうか。

ただ、ばんえい競馬自体は土、日、月の週3回開催のようなので、休場日に行く予定にしてたことに気づいて、後でむりくり日程入れ替えて月曜に訪問しました。
f:id:kazapari:20190815171018j:image

坂を登りきれずに倒れちゃった馬に、ビシバシ鞭を入れて叩き起こしたり、少し衝撃的な場面も。

 

パドックやふれあい動物園みたいのもあって、子供が馬にニンジンあげることもできます。

老人介護施設の人たちも来ていて、うちの子がウサギ撫でてるの見て「子供かわいい」言ってるのを、なぜだか付き添い職員が「おばあちゃん、ウサギかわいいね」と無理やり押し付けて、おばあちゃん絵にかいたような無表情になって「ウサギかわいい」と言わされていたことが忘れられない。なぜ。

 

6.旭川旭山動物園

ド本命。

入園料は大人820円、中学生以下無料。

超絶人気だと思ってたけど、7月中盤の平日ということもあって、そんなに混んでなくてラッキーでした。Tシャツやグッズなど、1万円以上買い込みました。それでも行ってよかった。

f:id:kazapari:20190809003359j:image

実は2回目で、1回目は5年前の年末(結婚して初めての帰省)で、せっかくだから大阪→三沢ではなく、北海道経由で訪れていました。

あの時は嫁さんと2人だったけど、今年は+子供2人。

うち1人はおしっこ漏らして入り口のトイレで着替えるハメに。

www.city.asahikawa.hokkaido.jp

 

7.北見市留辺蘂町山の水族館(北の大地の水族館)

道の駅おんねゆ温泉の隣にあります。

留辺蘂(るべしべ)は、昔ツーリングで来た際に、峠道の茶屋で蕎麦かなんか頼んだら、床がえらい傾いてて面食らった思い出があり、とても印相深い。(「蘂=しべ」も)


f:id:kazapari:20190815171512j:image

水族館としては規模は小さいけど、「イトウ」は見れるし、オショロコマがいる滝の水槽とか、ヤマメが滝登りする水槽とか、北海道来たなって感じはする。展示も結構頑張ってるし、好感持てる。

onneyu-aq.com

と思ったら、プロがプロデュースしてるんですね、納得。ホームページより。

f:id:kazapari:20190809005804j:image

 

 

8.阿寒湖のアイヌコタン

今回の旅のメインの一つ、アイヌコタン。f:id:kazapari:20190809010049j:image

北海道内にいくつかアイヌ村や個人経営含めたアイヌ博物館もあるので、いくつかピックアップして時間見ながら行くつもりだったけど、結局この1つしか見られなかった。

だけど、アイヌ古式舞踊(1080円)を鑑賞して、きてよかった!と思ったね。

小学校(青森県)の修学旅行が北海道・洞爺湖で、どこかの旅程でアイヌの話聞いたりしたけど、どんな意味があるのかすら一切理解していなかった。

www.akanainu.jp

アイヌ”コタン”(村)から少し歩いて、阿寒湖には観光ホテルもたくさんあって、おみやげやさんもたくさんあったので、その中でTシャツやお土産物を結構買いました。

アイヌコタンだけでなく、今度は阿寒側に宿泊してもいいかもと思いました。

熊と鮭のTシャツとか、名入れのカムイニポポ買いましたよ。

阿寒湖 おみやげ 民芸のえぞりす カムイニポポ 民工芸品

阿寒町のアイヌ紋様のシルバーアクセサリーショップ・ピリカシルバー/北海道釧路地方のローカルメディア・フィールドノート

 

9.美幌峠(網走郡美幌町)

2005年にきて虜になってしまいました。

前回は夕方で鹿がいたり、和琴のキャンプ場に泊まって夜中にザリガニ捕まえた記憶が鮮明です。今回も同じく、世界第2位の屈斜路湖カルデラを拝むことができました。
f:id:kazapari:20190809012641j:image

 

10.知床五湖&高架木道

週間天気を見ていた限り、雨が降らなかっただけでも感謝するべきでしょうか。。f:id:kazapari:20190809003718j:image

 

11.三笠市立博物館

アンモナイトだらけ。

息子は大喜び。最近恐竜の図鑑を与えて盛り上がってるとこでした。

www.city.mikasa.hokkaido.jp

f:id:kazapari:20190809003930j:image

f:id:kazapari:20190809004029j:image

12.網走監獄、オホーツク流氷館

別々の施設ですが近くにあります。

網走監獄は大人1080円、小中学生540円。

オホーツク流氷館は大人750円、小中学生540円。

どちらも回ると少し料金が嵩むな、と思っていたら、近くに2つの入場券がついて、格安プランがあるホテルがありました。

楽天トラベルで予約しましたが、朝夕食付き、夕食はハーフバイキングと飲み放題つき、建物は古めだけど、必要なところは改装されてたり問題なし。コスパ良。

【公式】天都の郷 ホテル本陣網走湖 | BBHホテルグループ| 北海道網走市

 

網走監獄。エゾリスに遭遇。
f:id:kazapari:20190809011911j:image
f:id:kazapari:20190809011941j:image

オホーツク流氷館。本物の流氷にさわれる。濡れタオルを振り回すと凍るよ体験。
f:id:kazapari:20190809011846j:image

欧州で見た車たち ’19

7月上旬に仕事で渡欧する機会がありましたので、

車窓や朝の散歩(ホテル周辺)で観た車たちを。

 

なぜかデンマークサークルKが、ファミマにならずに存在。

日本車では意外とスズキ車が多く、スイフトが多かったけどアルトも走ってた。

f:id:kazapari:20190713131745j:plain

f:id:kazapari:20190713131753j:plain

デンマークに残ってるサークルKとALTO

 

フランクフルト近郊のある駅前。

f:id:kazapari:20190713131836j:plain

駅前

f:id:kazapari:20190713131908j:plain

朝の住宅街 フランクフルト近郊

f:id:kazapari:20190713131959j:plain

ホテルの前

 

このゴルフで、アウトバーンを200km/hちょいで疾走。

ただ、アウトバーンの路肩はけっこう故障車が停まっていて、

(あの速度で走ったら普通の車は壊れそうな気がする)

故障車の近くには乗員が車外に出て、全員反射材付の蛍光イエローのベストを着るのが徹底されているようで、どの故障車でも老若男女、同じようにしてました。

 

あと、ドイツの場合は自動車税は、馬力(Horse Power)と環境負荷で決まるそうで、日本のように車重や排気量が基準ではない模様。

だからドイツ人は、クルマやバイクでよく馬力の話をするんだと納得。

例えばこのゴルフだと300€チョイ/年だそうで、大体日本と同じぐらいですね。

f:id:kazapari:20190713134304j:plain

ゴルフR Line

まさかのウニモグ

公共の作業車として使われているそうで、

この日は前週まで熱波が来てたために、街路樹に水遣りをしていました。

f:id:kazapari:20190713132033j:plain

ウニモグ(散水車ver.)

 

屋根に乗って看板補修。

f:id:kazapari:20190713132149j:plain

不安全作業

シトロエンC6。一度所有してみたいです。

f:id:kazapari:20190713132234j:plain

協会の裏のクジラさん

f:id:kazapari:20190713132305j:plain

マーケットのはたらく車

欧州はフルゴネット車が多いですね。

日本ではルノー・カングーが圧倒的な地位を占めていますが、

ドイツではまったく見かけず、フォルクスワーゲン・キャディーか

シトロエン・ベラルンゴが大多数。

f:id:kazapari:20190713132402j:plain

シトロエン ベラルンゴ

ワゴンRを海外で見ると不思議な気持ちになりますね。

f:id:kazapari:20190713132457j:plain

ワゴンR

f:id:kazapari:20190713132534j:plain

トゥインゴさん

イグニス。

f:id:kazapari:20190713132605j:plain

街角

プントさん。

f:id:kazapari:20190713132655j:plain

独特の壁(へき開したような薄い石を重ねてる)

f:id:kazapari:20190713132812j:plain

カラフル

小学校が近く、ドイツの子達もランドセルみたいなの背負ってました。

f:id:kazapari:20190713132842j:plain

少年少女

もちろんドイツなので、ワーゲンは多くてうちと同じトゥーランもたくさん走ってました。

あまり日本で見ないメーカーとしては、

  • SKODA:ファビア、オクタビアなど。チェコのメーカーだけど、ワーゲン傘下。
  • セアト:イビザ、レオンなど。スペインのメーカーだけど、ワーゲン傘下。
  • OPEL:ヴィータ、コルサなど。日本では懐かしい。常盤貴子
  • KIA:韓国

あたりが、普通のハッチバックとしてよく走ってました。

f:id:kazapari:20190713134047j:plain

うちと同じトゥーラン

 

さよなら5008、こんにちはトゥーラン

f:id:kazapari:20190602225255j:image

まさかこんなに早くプジョー5008とのお別れが来るとは思っていませんでした。むしろ5008は絶好調でしたが、事情があって2016年式のまだ初回車検も来ていないVWトゥーランが我が家に来ることになり、玉突きで5008が出ていくことに。

 

皮肉なことに、5008を売り飛ばした翌日にフランス車の大イベント、フレンチトーストピクニック(福井県金津創作の森)に、あろうことか生まれて初めてフランス車以外で所有したドイツ車で行く始末。
f:id:kazapari:20190602232650j:image

 

GWは5008で青森まで、5月下旬にトゥーランで福井まで行ってきたので、今のうちに比較をしておきます。

 

  • サイズ

ほぼ一緒です。まさか、なほど。

f:id:kazapari:20190602234052j:image

 

  • 外観

サイズが一緒なので似てます。5008の方が丸みがあり、トゥーランの方がシャープでランプ類はLED。色も5008はパールホワイトで柔らかみがあり、トゥーランはソリッドな白でした。

 

  • 内装

5008のエアコンの吹き出し口はアシンメトリーで、昔乗ってた306の似てたので思い入れがあった。

5008のグレードはシエロで大きなグラスルーフがついてたけど、2年で電動シェードを開けて走ったのは数える程。

5008のチャイルドウォッチミラーと、後部座席の窓に内蔵された巻き取り式のサンシェードが秀逸でした。トゥーランにはいずれもなし。

トゥーランにはドアに夜光るオシャレ照明がついてる。シトロエンにはあるけど5008にはなかった、素敵。

フロントガラスは5008の方が角度が寝てて、ダッシュボードに奥行きがあるけど、正直夏暑いので、トゥーランぐらい角度が立ってるのがいい気がする。

シートはどちらも色気はないけど、5008はフカフカで、トゥーランは硬めだけど長時間疲れにくい、と言われてるけど、これはフランス車の圧勝でしょう。

シート配列、使い勝手は同等。2列目が3席独立なのはチャイルドシートを2つ並べて大人が1人座るのにベストでしょう。チャイルドシートを適正に使わないのは論外ですけれど。

 

  • 乗り心地

5008はウルトラスムーズ。乗り心地の良さに加え、アイシンAWの6ATが秀逸。トゥーランの7速DSGはスパスパ切り替わってタコメータ見てて楽しいけど、特に停止からの発進ではドンと繋がる感じが否めない。少しジャダーを感じる時もあるしね。

5008ではマニュアルシフトなんか必要性を感じたこと無かったけど、トゥーランではたまにしたいと思うかも。

あと、アクセルペダルの角度が5008の方が好み(寝てる)。トゥーランはペダルの角度が比較的立っていて、ライブの後乗ったら運転中に足つって死ぬかと思いました。

ロードノイズは5008は大きめかなと思っていたけど、トゥーランでもあまりかわりませんでした。

 

 

  • 燃費

トゥーランの圧勝。

5008は市街地のみ8-10km/h、高速メイン14程度。

トゥーランは市街地のみ10-12、高速メイン17前後。

 

トゥーランの方がDSG+アイドリングストップの1400ccターボ、5008がアイドリングストップなしの1600ターボですが、スムーズさは5008の圧勝でしょう。クセがあるのは圧倒的にDSG。これをどう見るかは好みの問題です。ただただスムーズなトルコンATにするのか、燃費が良くダイレクト感があるDSGにするのか。自分なら、この程度の燃費差ならトルコンがいい。発進や駐車がめんどくさい。

 

  • コスト

プジョー5008の勝ちかな。たいてい購入価格を燃費差額では回収できないでしょう。距離にもよりますが。

 

 

よって、今ならまだ、どちらを買うかと問われれば、やっぱり旧型5008が妻子持ちにとってはコスパいいので買うと思います。

滋賀の善水寺

f:id:kazapari:20190527222128j:image

本堂が国宝で、最澄が病の桓武天皇にここの霊水を献上して平癒した、という由緒正しすぎるお寺。霊水持って帰れます。

 

トゥーランで初めてのお寺、御朱印が初めての令和。

 

竜王インターからほど近く、アウトレットのついでにいかがでしょうか。

 

素晴らしい仏像さんたちがたくさん居られます。

入る時に丁寧に説明してもらえるのもgood。

本尊は秘仏薬師如来ですが、普通の薬師三尊(日光/月光菩薩)ではなく、梵天帝釈天が両脇で、四天王がいて、その前に十二神将

 

堂内には他にもたくさん居られて、特に不動明王聖観音菩薩が印象的でした。「日本の仏像」にも出てきます。

http://www.日本の仏像.com/ https://www.amazon.co.jp/dp/4777939162/ref=cm_sw_r_cp_apa_i_qs97CbS9M78E6

 

おみくじ
f:id:kazapari:20190530220552j:image

 

W650車検 94700km

前回90600km→94700kmで、2年間で4000km。

車検証は令和1年。


f:id:kazapari:20190518220003j:image

  • エンジン周り
  1. エンジンオイル:94700★
  2. オイルフィルタ:94700★
  3. プラグ:90600
  4. エアクリーナー:90600
  5. ヘッドカバーOH:90600
  6. オイルパン:94700★(交換) ※ドレンボルトのネジがナメてたとのこと。

 

  • タイヤ周り
  1. Fタイヤ:
  2. Rタイヤ:
  3. Fホイールベアリング:
  4. Rホイールベアリング:90600
  5. Rホイールハブダンパー:90600

 

  • ブレーキ周り
  1. Fブレーキオイル:94700★
  2. Fブレーキパッド:94700★
  3. Fブレーキピストン:94700★(サビ有交換)
  4. Rブレーキシュー:

※ブレーキ引きずってたのはわかってたんだけど、片押し2ポッドのピストンがどちらもサビサビで、パッド替えようとしたらパッキンが出てきちゃったそうなのでOH。効きがいい。

 

あの蕎麦が食べたい。

2つの蕎麦がたべたかった。

 

冷たい肉そば。

「いろは本店」山形県河北(かほく)町。
f:id:kazapari:20190515003545j:image

あまじょっぱいクセになるつゆ。関西にきてから、うどんそばの汁を「だし」って言うようになったけど、コレは「つゆ」。親鳥のシナい肉もなかなか。

いろは本店 - 河北町観光ナビ

なんか田舎の家ってかんじ。壁一面にたくさんカレンダー貼ってあるあたり、うちの母親の実家みたい。そんなに要らないよね、と。
f:id:kazapari:20190515003930j:image

近くの寒河江(さがえ)の道の駅で、家庭用の冷たい肉そばをたくさん売ってました。

 

 

津軽そば。

「三忠食堂 塩分町分店」

いやもうこれは絶品。

これも「つゆ」だけど、つゆ以上に主張する蕎麦。甘く旨味の強いそば。
f:id:kazapari:20190515004122j:image

数年前に「津軽百年食堂」を読んでからずっと食べたいと思っていました。津軽そばは、つなぎに小麦粉ではなく大豆粉を使うそうですね。

f:id:kazapari:20190515005852j:image

まぼろしのそばと言われる「津軽そば」!その真髄に迫る!! - NAVER まとめ

令和の初日、NHK即位の礼を見ながら。このお店は弘前公園から近く、弘前公園のさくらまつりは即位の礼ということで、有料区域が無料開放されてました。
f:id:kazapari:20190515005239j:image

実は前日の夜に、さくらまつりの屋台小屋で食べた津軽そばは、どうも普通の蕎麦だった気がして、イメージの中の蕎麦を求めて老舗に駆け込んだ次第。よかった、本物が食べられて。

屋台は屋台で凄く雰囲気良くてよかったんだけど。黒石つゆ焼きそばもいただきました。f:id:kazapari:20190515010133j:image

 

なりゆき麺。

  • きみまち煮干し桜中華

道の駅ふたつい(秋田県能代市)
f:id:kazapari:20190515010227j:image

お肉がさくら肉(馬肉)でした。地元の隣町(五戸町)でも名産なので、馬肉には馴染みがある。いい店に当たりました。

実は、秋田だし比内地鶏の親子丼を食べよう!と思って入った道の駅「おおがた」では、連休の人出に対応出来なかったのか、12時そこそこにも関わらず、目の前の組で丼もの終了。

悔しくてそこでは食べず、次の道の駅がここ。ここもご飯ものは終了してたけど、レストランがシャレオツで面白いメニューだったのでラッキー。

道の駅ふたつい » レストラン・軽食コーナー

 

  • シーフードパスタ

八戸水産科学館マリエント内の「夕日絶景食堂イヌワラウ」

f:id:kazapari:20190515011206j:image

磯ラーメン系の蕪島(かぶしま)ラーメンもおいしそう。

名前の通り絶景食堂で、蕪島を見下ろしながら、八戸港越しに八甲田山が眺められる絶景っぷり。ただし、マリエントの営業時間が季節によって17時~19時で、お日様はまだ高い位置にありそう。

マリエントなんて20数年ぶりに入ったけど、展示もしっかりグレードアップしてたし、レストランも良かったしで、いい時間を過ごせました。NO IKA(SABA), NO LIFE!

f:id:kazapari:20190515012224j:image
f:id:kazapari:20190515012207j:image

f:id:kazapari:20190515012253j:image